読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カフェオレ

Tokyo 7th シスターズとかナナシスとかproject 7thについて

予想でドヤるためのメモ

コンプティーク2016年11月号の茂木へのインタビュー記事から3rd liveでやろうとしている事の予測。

 

コンプティークに載っているインタビュー記事から「セトリほど具体的なコンセプトはインタビュー時にはまだない。」「準備期間が必要。」「ライブが始まった瞬間に客が驚く。」という発言が伺える。

 

上記の発言から条件を満たす事柄を探した。

・生バンド

・舞台調

・DJ出演

・アニメーションリンク

以上4つが思い浮かび、当てはまる項目はアニメーションリンク*1だと考える。

 

なぜなら、

Tokyo 7th シスターズはアニメーション映像プロジェクトが進行している。

・2.5 liveでは声優はずっとキャラクターとして舞台上に立って歌って踊ってMCをしていた。その2.5 liveに2次元と3次元の境目をなくす3rd liveに繋げるバトンとしての役割、意味を持たせられる。*2

という理由付けが思い浮かんだからです。

 

ここまで割と当たってるんじゃないかドヤれるんじゃないかと思っていたんですが、

茂木が二番煎じなんてやりたいと思うのか、ダサいと思わないか、という考えが浮かび上がりました。

茂木の思想を全然理解出来ていないので妄想の範疇を超えませんがこの予想当たってほしいです。ドヤりたいので。

思想を理解出来ていたらもっとマシな予想が出来ていたかもしれないです。

こんなデタラメな予想をしてしまうのはTokyo 7th シスターズを第2のラブライブと信じて疑わない思念故ですね。

 

*1:声優がパフォーマンスをしている後ろで画面上にキャラクターが踊っている映像を流し、声優とキャラクターが動きをリンクさせているパフォーマンスのこと。

*2:2.5に色々な意味があるという解釈のもと